「Linux概要」のアーカイブ

オペレーティングシステム

オペレーティングシステム(以下、OSと記載)とは、コンピュータにおいて、ハードウェアを抽象化したインターフェースをアプリケーションソフトウェアに提供するソフトウェアのことです。 つまり、ハードウェアとアプリケーションソフ [...]

Linuxとは

Linuxは、1991年に当時まだ大学生であったLinus Torvalds(リーナス・トーバルズ)氏により開発されたOSです。 今から20年以上前に学生によって開発されたLinuxですが、日本で広く知られるようになった [...]

カーネル

Linuxは正確にはカーネルのことを指すということを前回の記事で解説しました。 では、カーネルとはいったい何なのでしょう。 カーネル(kernel)とは英語で「核」を意味します。 これは文字通り、カーネルがOSの核である [...]

ファイルシステム

Linux上でのファイルには様々な種類があります。 例えば、テキストファイルや画像ファイル、動画ファイル。 それらは一般的な普通のファイルですが、他にもそれらとは異なる特殊なファイルが存在します。 デバイスを操作する際に [...]

マウント

マウントとはコンピュータに接続した周辺機器や外部記憶装置OSに認識させ、利用可能な状態にすることを意味します。 Linuxをインストールする際、通常であれば、ハードディスクを複数のパーティション(区画)に分割し、各パーテ [...]

ハードリンク

ファイルには必ずファイル名が付けられており、ファイル名とパスによって一意のファイルを区別します。 通常、ひとつのファイルに対して、ファイル名はひとつだけ存在するように思えますが、Linuxではひとつのファイルに2つ以上の [...]

シンボリックリンク

シンボリックリンクはハードリンクと同様にファイルの実体に新しい名前を付ける仕組みです。 シンボリックリンクを作成すると、ファイルシステム上にはリンク情報が格納された0バイトのファイルが作成されます。 その0バイトのファイ [...]